送別会の挨拶はいつすればいい? (送る人編)

送別会での代表の挨拶は司会の指示に従って、手短にすませましょう。
次に書きましたのが、送別会など会の進行を簡単にまとめたものです。
たいていのものはこのように進行されるでしょう。

「本日は多数お集まりいただきましてありがとうございます。」

「まずはじめに代表の○○よりご挨拶をお願いします。」

ここで送別会の挨拶を行う。
乾杯が次に控えているので、長くなると出席者から顰蹙ひんしゅくをかうことも(笑)
  内容は、送別をされる方の前途を祝してなど、良いことで。
  いくら気にくわないやつだったとしても、悪口や文句の類いを送別会の挨拶で
  言わないのが大人のマナーです

「ありがとうございました」

「それでは乾杯の音頭を○○サンにお願いします。」

「乾杯」

「それではしばしご歓談ください」

挨拶などわずか1分もかかりません。人前で5分も話をできる人はよほど場慣れしているか、肝っ玉が据わっている人ぐらいです。
気楽に落ち着いて、主役はあくまでも送別会で送別される方であることを忘れずに挨拶すれば、良い送別会の挨拶をすることができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。